最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 許諾書 | トップページ | つる梅もどき »

2013年12月 8日 (日)

延命地蔵

倉岳登山道のひとつで延命道と名前の付いた由来でも有る 大水害で流れた延命地蔵に5人でお地蔵さんを探しに登りました 水が少し流れる沢を登って行くと 大小で2ケ所に滝が有り 沢を登れずに迂回する部分も有りますが 割かし簡単に行けます 場所は石垣を積んだ高台で15畳ぐらい有り 真後ろには屏風岩がそびえ立ち その横には落差の有る滝も有りました 感じからして昔の修行場所みたいで 午前中はお神酒を挙げて15畳の広さ部分をスコップやつるはしで掘りましたが 何も出ずに谷Gさんと早Mさんは用事で午前中で下山され 昼食後に梅Dさんに稲Dさんと坂Gで滝のすぐ手前に 四角い石が少し見えてた部分をかたずけると 享保の年号が刻まれた石碑が出て 更に進めると首無しのお地蔵さんが3体出て来ました 昔は6体有ったとの事でしたが 今回は時間の関係で3体で中止して下山しました。 石碑の享保は約300年昔で徳川吉宗時代になるようで お地蔵さんも水害からだと約40年は土に埋まっていた事になります 何はともあれ見つかって良かったのですが ひとつ残念なのは首部分が取れて無い事でした sign03 途中に非常に変わった大きな木が有りました happy01

014

019

020

022

021

025

.

« 許諾書 | トップページ | つる梅もどき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482696/54192303

この記事へのトラックバック一覧です: 延命地蔵:

« 許諾書 | トップページ | つる梅もどき »